【寄付】特集「強制不妊」のクラウドファンディングを始めました

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク

ワセダクロニクルは、特集「強制不妊」の記事をリリースした2018年2月13日から、クラウドファンディングを開始しました。

全国の自治体に情報公開請求をし、各地の公文書館に足を運んで取材した結果を記事として、皆さんにお届けできるようになりました。引き続き、プロダクトを発信していきます。

こうした探査ジャーナリズム活動はみなさまからの寄付で支えられています。

記事を誰にでも読んでもらえるために、私たちは記事に課金することはしていません。

私たちが記事をリリースした後、既成メディアのマスコミも私たちの報じた内容を報道し始めました。

2018.02.20 毎日新聞「旧厚生省が『優生手術』増を要請

2018.02.16 共同通信「不妊手術千件で記念冊子発行 旧優生保護法下で北海道

2018.02.16 毎日新聞「「『千件突破』冊子で功績強調 最多の北海道

2018.02.14 UHB(北海道文化放送) 「最多の北海道 手術1000件突破”記念誌”見つかる 旧優生保護法『関係者の協力で』

みなさんのご支援で、創刊特集「買われた記事」も継続取材が可能になり、現在も継続中です。

私たちは2017年6月、非営利・独立のニュース組織が加盟する世界探査ジャーナリズムネットワーク(GIJN)のオフィシャルメンバーになりました。南アフリカで開催されたGIJNが主催する国際大会にも参加し、世界のジャーナリストたちとの連携を開始しています。また、FCCJからは「報道の自由」推進賞を受賞しました。とても励みになりました。

これまでの私たちの活動はこちらで紹介しています。

市民が支える、市民のためのニュース組織を、ここ日本でも根付かせたいと思っています。

皆さんからのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。クラウドファンディングとは別に寄付の窓口も用意しています。

ワセダクロニクル運営事務局

ワセダクロニクルのウェブページに掲載されている特集「強制不妊」

お知らせ一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク