「清水の舞台」から飛び降りた32歳の医師 —— 隠された乳がんマネー(1)

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • あなたの支援で生まれた記事が、暮らしや社会を変えていきます。わくわくしませんか? 忖度なしで真実を掘り起こす、それがワセクロです。購読料や広告料もなく、あなたの支援が頼りです。ご支援はこちらから。

(読むために必要な時間) 4分30秒

乳腺外科医の尾崎章彦=2019年12月6日、福島県いわき市 (C)Waseda Chronicle

この抗がん剤を使えば、乳がん患者の再発リスクが劇的に減るーー。

2017年6月1日、世界最高峰の医学誌にそんな論文が載った。大手製薬会社の中外製薬が販売する抗がん剤について、日本と韓国の乳がんの専門医が5年かけて、900人の患者を対象に抗がん剤の効果を検証した結果をまとめた論文だ。

しかし、この臨床試験に疑惑を投げかける医師がいた。当時32歳の乳腺外科医、尾崎章彦(34)だ。

尾崎は、中外製薬の資金が、表に出ない形でこの臨床試験に流れ込んでいるのではないかと自身の論文で指摘した。つまり裏金だ。

臨床試験に参加した大物医師らは「証拠不十分だ」と尾崎の指摘を一蹴した。

ところがその後、「裏金」を示す証拠が尾崎の手元に届けられる。

乳がん患者をあざむく医師と製薬会社のカラクリを暴いていく。

2人の医師

2017年。尾崎は東京都江東区の公益財団法人がん研究会有明病院に勤務していた。

日本で乳がんでは最多の手術数を誇る病院(*1)。尾崎は福島県の病院に所属する医師だが、有明病院の乳腺センター長、大野真司の指導を受けるために有明病院で勤務していた。

センター長の大野は1958年生まれ。九州大学医学部を卒業し、九州がんセンターの臨床研究センター長などを歴任した。日本の乳がん分野の重鎮だ。ドキュメンタリー番組「情熱大陸」で「国内屈指の乳がん専門医」として取り上げられたこともある。

2017年の9月26日午後2時。尾崎は有明病院の幹部クラスの部屋が集まるフロアに白衣姿で向かっていた。その一つに大野の部屋があった。尾崎は大野に呼び出されていた。

大野は「はい、どうぞ」と尾崎を自室に迎え入れると、切り出した。

「あなたが書いた論文のことで、うちのドクターたちからもいろいろ声が上がってるものだから」

「ちょっとあなたと話しとかないかんやろなと思ってね」

尾崎は「やっぱりな」と思った。呼び出される10日前、尾崎が投稿した学術誌『サイエンス・アンド・エンジニアリング・エシックス』がリリースされていた。尾崎はそこで、大野らが書いた論文を批判していた(*2)。

「すごい結果」の裏側で

尾崎はいったい何を批判したのか。

上司の大野が参加したのは乳がんの臨床試験で、中外製薬の抗がん剤「ゼローダ」の効果を試す試験だった。データ解析を含めるとその臨床試験は2007年から2016年までかかった。2017年6月に論文として発表された。

臨床試験の結果は、乳がんの再発リスクが30%減り、5年後までの死亡リスクが41%下がるというものだった。中外製薬は並外れた効果を持つ治療薬を世に送り出したことになる。

その検証論文は、世界最高峰の医学ジャーナル『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』に掲載された。

尾崎もその検証論文を読んで「すごい結果だ」と思った。しかしドイツやアメリカで同じ「ゼローダ」を使った臨床試験が行われたが、いい結果は出ていない。

論文に記載されている「資金提供元」を見て、不審に思った。医学論文では、研究結果が利害関係で歪められないよう、資金提供元を明記することが求められている。NPO法人先端医療研究支援機構(ACRO)という組織から資金提供があったと記載されていた。

尾崎は思った。

ーーしかし、そのNPO法人はどこから資金を得ているのか。この臨床試験の結果は、抗がん剤「ゼローダ」を販売する中外製薬に莫大な利益をもたらす可能性がある。論文に中外製薬の資金については一切書かれてないが、「もしや……」。ーー

尾崎は中外製薬のホームページから、同社の寄付先を調べた。すると、2012年から2015年に、2億3,600万円の寄付があった。

尾崎は「これは迂回(うかい)資金ではないのか」と直感した。

中外製薬がスポンサーとなって、中外製薬の抗がん剤を実験していたとすれば、それはヒモ付きの臨床試験だ。結果が載った『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』は世界最高峰の医学誌であり、影響力も大きい。上司の大野をはじめ、乳がんの分野の有力医師たちを敵に回すことになるが、こう思って学術誌に批判の論文を投稿することにした。

「清水の舞台から飛び降りよう」

「聴取」を録音した上司

研究室に尾崎を呼んだ大野は「ちょっとあなたと話しとかないかんやろなと思ってね」といった。

「いった、いわないということになったらマズイんで、これを録音しておいて、どちらも将来聞くことができるようにしとこうと思って」

録音機のスイッチを押した。

上司の大野による尾崎の聴取が始まった。

(敬称略)

=つづく

【脚注】

*1 ソニー生命保険株式会社「がん 手術数でわかる いい病院」、ソニー生命保険ウェブページ(2019年12月7日取得)。

*2 Ozaki, Akihiko, 2017, “Conflict of Interest and the CREATE-X Trial in the New England Journal of Medicine,” Science and Engineering Ethics, (Retrieved December 6, 2019).

【関連シリーズ】

▽シリーズ「隠された乳がんマネー」

2019.12.07 「清水の舞台」から飛び降りた32歳の医師

2019.12.08 「『京セラの稲盛さん』で警告

2019.12.09 「NPO法人で『ロンダリング」』

2019.12.10 「動かぬ証拠

2019.12.11 「銀行通帳に『チユウガイセイヤク』

▽シリーズ「買われた記事

▽シリーズ「検証東大病院 封印した死

▽シリーズ「製薬マネーと医師

【関連データベース】

マネーデータベース「製薬会社と医師

  • あなたの支援で生まれた記事が、暮らしや社会を変えていきます。わくわくしませんか? 忖度なしで真実を掘り起こす、それがワセクロです。購読料や広告料もなく、あなたの支援が頼りです。ご支援はこちらから。

一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク