インドネシア石炭火力汚職事件 現地の環境NGOと弁護士が会見

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも独立を堅持します。ご支援はこちらから。

(読むために必要な時間) 2分10秒

インドネシア西ジャワ州のチレボン石炭火力発電所2号機建設に絡む汚職事件で、現地の環境NGOのメンバーと弁護士が12月5日、東京都内で会見した。政府100%出資の公的銀行、国際協力銀行(JBIC)が問題の2号機への融資を中止するよう訴えた。

チレボン石炭火力発電所2号機建設に絡む汚職事件でのカネの流れを説明する環境NGOインドネシア環境フォーラムの都市・エネルギー問題キャンペーンマネージャー、ドゥウィ・サウン氏。奥はラスマ・ナタリア弁護士=2019年12月5日午後2時17分、東京都千代田区有楽町1丁目(C)Waseda Chronicle

使途不明金は「1,870億ルピア」

会見したのは、首都ジャカルタに本部を置く環境NGOインドネシア環境フォーラム(WALHI)の都市・エネルギー問題キャンペーンマネージャー、ドゥウィ・サウン氏とバンドン法律扶助協会のラスマ・ナタリア弁護士。2人は長年、チレボン石炭火力発電所に絡む問題に取り組んできた。

同2号機をめぐっては、インドネシアの独立捜査機関、汚職撲滅委員会(KPK)が現代建設ゼネラル・マネジャーのヘリー・チョン容疑者(60)を贈賄側の容疑者として認定。汚職撲滅委員会によると、チョン容疑者は同州チレボン県のスンジャヤ・プルワディサストゥラ前知事に対して60憶4,000万ルピア(約4,670万円、1ルピア=0.0077円)を渡した疑いがあるという。

会見でサウン氏は、インドネシア環境フォーラムが独自に調査した結果を紹介。「収賄の疑いが指摘されている2号機の関連工事に1,870億ルピア(約14億5千万円)の使途不明金がある」と指摘した。

サウン氏は「汚職事件のある事業に対して、日本の国際協力銀行などは融資を止めてほしい。この汚職事件は決して個人の汚職ではなく、会社組織が関与したものだ。銀行側は証拠資料を汚職撲滅委員会に提供すべきだ」と話した。

「不起訴はたった1件」

また、ナタリア弁護士は汚職撲滅委員会の捜査状況についての見通しを示した。「汚職撲滅委員会がターゲットにした案件は1年程度で結論が出ている。汚職撲滅委員会はこれまで1,007件を事件として扱っているが、起訴されなかったのはたった1件だ」。ナタリア弁護士は今回の汚職事件でも、容疑者認定された関係者が起訴されて刑事裁判になる可能性が高いとの見方を示した。

汚職撲滅委員会は2号機建設を進める事業体であるチレボン・エナジー・プラサラナ社の上級幹部2人に対してインドネシア国外への渡航を禁止している。チレボン・エナジー・プラサラナ社への最大の出資者は大手商社の丸紅で、東京電力と中部電力の合弁会社JERAも出資している。

【動画】UPLAN制作 / 20191205 UPLAN 腐敗にまみれたインドネシア石炭火力~私たちの預金も流れている?!~ (C)UPLAN

【主な関連記事】

(ワセダクロニクル)

公害経験国のもう1つの顔 : 石炭火力は止まらない

進む丸紅、退く韓国 : 石炭火力は止まらない

丸紅が出資の石炭火発事業めぐり、韓国・現代建設幹部に贈賄容疑 インドネシアの捜査機関

「国民に説明を」「融資やめるべき」 インドネシア石炭火力汚職事件で環境NGOが国際協力銀行(JBIC)に抗議

The Reality of “High-quality Infrastructure Exports” — Japan Exports Coal Plants that don’t Meet Japanese Anti-pollution Standard

English summary: South Korean Firm May Pull Out of Indonesia Coal Plant Project

(ニュース打破)

[한·일·인니 공조 취재] 공해 수입국에서 수출국으로…찌레본의 그늘

(テンポ)

KPK Tetapkan GM Hyundai Tersangka Suap Eks Bupati Cirebon

  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも独立を堅持します。ご支援はこちらから。

シリーズ「石炭火力は止まらない」一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク