インドネシア・チレボン石炭火力 地元の住民が融資停止を求める書簡をJBICに提出

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも独立を堅持します。ご支援はこちらから。

(読むために必要な時間) 1分30秒

インドネシア西ジャワ州のチレボン石炭火力発電所2号機建設に絡む汚職事件に関して、同発電所建設事業に反対している地元の住民グループ「ラペル(Rapel Cirebon)」が、政府100%出資の公的銀行である国際協力銀行(JBIC)の前田匡史総裁あてに、2号機への融資を中止するよう求める書簡を提出した。書簡では「贈収賄事件が公に明るみとなった今、2号機に対するいかなる支援も停止しなくてはならないと考えています」としている。

「生活の困窮、雇用めぐる争いも」

書簡は2020年1月7日付。「ラペル」を支援している国際環境NGO・FoE Japanが同14日にJBICに提出し、15日にプレスリリースを出した。

書簡で住民側は、2号機の建設に伴って、漁民らの生活が苦しくなり、2号機の建設労働など、別の仕事に依存せざるを得なくなっている状況をつづった。その結果、住民間で雇用をめぐる争いも起きているという。住民側は「私たちの環境や社会文化を破壊してきたことに対する責任を取るべきだ」と、JBICの姿勢を批判した。

2号機建設を巡っては、インドネシアの独立捜査機関、汚職撲滅委員会(KPK)が現代建設ゼネラル・マネジャーのヘリー・チョン容疑者(60)を贈賄側の容疑者として認定したと発表した。汚職撲滅委員会によると、チョン容疑者は同州チレボン県のスンジャヤ・プルワディサストゥラ前知事に対して60憶4,000万ルピア(約4,670万円、1ルピア=0.0077円)を渡した疑いがあるという。

書簡を受け取ったJBIC報道課の報道担当はワセダクロニクルの取材に対して「まずはしっかりと中身を拝読したい」と述べた。

建設が進むチレボン石炭火力発電所2号機=2019年12月18日、インドネシア西ジャワ州チレボン県、国際環境NGO・ FoE Japan提供

【主な関連記事】

(ワセダクロニクル)

公害経験国のもう1つの顔 : 石炭火力は止まらない

進む丸紅、退く韓国 : 石炭火力は止まらない

丸紅が出資の石炭火発事業めぐり、韓国・現代建設幹部に贈賄容疑 インドネシアの捜査機関

「国民に説明を」「融資やめるべき」 インドネシア石炭火力汚職事件で環境NGOが国際協力銀行(JBIC)に抗議

インドネシア石炭火力汚職事件 現地の環境NGOと弁護士が会見

The Reality of “High-quality Infrastructure Exports” — Japan Exports Coal Plants that don’t Meet Japanese Anti-pollution Standard

English summary: South Korean Firm May Pull Out of Indonesia Coal Plant Project

(ニュース打破)

[한·일·인니 공조 취재] 공해 수입국에서 수출국으로…찌레본의 그늘

(テンポ)

KPK Tetapkan GM Hyundai Tersangka Suap Eks Bupati Cirebon

  • ワセクロはみなさんからのご支援で運営されるニューズルームです。広告収入を運営の財源にはしていません。財政的にも独立を堅持します。ご支援はこちらから。

シリーズ「石炭火力は止まらない」一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク