「マックレイカーズ事務局」「マックレイカーズ『公式』」を騙る匿名のメール・Twitterについて

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク

特定非営利活動法人ワセダクロニクルは、2020年11月に探査報道ジャーナリスト養成学校「マックレイカーズ」を開校すると公表しました。若手ジャーナリストや市民を対象に、探査報道のスキルを伝え、日本のジャーナリズムの底上げを図る試みです。

このマックレイカーズに関し、先日来、「マックレイカーズ事務局」を騙るメールがワセダクロニクルの支援者や受講予定者のみなさまに配信されております。このメールは、事務局を名乗っていますが、匿名であり、発信者は自らの氏名を明らかにしていません。

また、Twitterでは「マックレイカーズ『公式』」を騙り発信が行われています。こちらも匿名です。

メールを出しているのは、2020年9月29日付のワセダクロニクルの記事「【重要】探査報道ジャーナリスト養成学校『マックレイカーズ』受講予定・希望者のみなさまへ」に出てくるA氏によるものです。A氏と「マックレイカーズ」との経緯については、この記事をご参照ください。

A氏の発信内容は虚偽に基づいています。

また、A氏は理事長の許可なく寄付者や受講予定者のメールアドレスを使い、それに向かって発信しております。A氏は、ワセダクロニクルでの仕事を始めるにあたり、ワセダクロニクル理事長と交わした守秘義務などを負う合意書に署名していますが、アドレスの無断使用は、それだけで守秘義務に違反しています。

刑事事件に詳しい弁護士と協議したところ、A氏の行為はワセダクロニクルの業務を妨害すると共にその信用を毀損する行為に該当すると判定されました。今後は民事刑事を問わず法的手段を講じていくと共に、妨害行為がさらに続くようであれば、A氏の氏名を明らかにしたうえで、事実関係を公表していきます。


支援者・受講予定者・読者のみなさまにおかれましては、「マックレイカーズ事務局」を騙るA氏からのメールは無視していただきますようお願いいたします。「マックレイカーズ『公式』」を騙るTwitterの発信も同様に無視してください。

みなさまにワセダクロニクルへの不安感を抱かせてしまう事態に至ったことについてお詫び申しあげます。早期解決に向かって努力してまいります。

2020年10月9日 

ワセダクロニクル理事長・渡辺周

 

 

ニュース一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク